新着記事

さみしい夜の句会

さみしい夜の句会報 第168号を発行しました

第168回の参加者51名でした。ありがとうございました。参加された方の1作品以上を掲載しました。掲載のない方、誤字脱字等ありましたらDMにてご指摘下さい。投句はテキストにてお願いします。テキスト以外の投句は週報に反映しませんのでご注意願います。 ネットの川柳ばかり読んでいるとネット川柳が川柳のすべてだと錯覚することがあります。が、川柳はもっと間口が広い器でもっといろいろな楽しみ方ができます。これは他の短詩であっても同様でしょう。であればTLから流れてくるものにあまり翻弄されないようにして、マイペースで作品を書き続けてほしい(継続してほしい)と思うわけです。
さみしい夜の句会

さみしい夜の句会報 第167号を発行しました

第167回の参加者48名でした。ありがとうございました。参加された方の1作品以上を掲載しました。掲載のない方、誤字脱字等ありましたらDMにてご指摘下さい。投句はテキストにてお願いします。テキスト以外の投句は週報に反映しませんのでご注意願います。 7月20日、札幌市にて3回目のリアル句会を開催いたします。札幌川柳社副代表である落合魯忠氏をゲスト選者に迎えて披講後に「今回の選に地域性はあったのか」などについてディスカッションする予定です。席に余裕がございますので近郊の方は是非お参加下さい。(雑詠3句の事前投句が必要です)
句会

第42回吉野ケ里川柳大会について

2024年4月21日に佐賀県吉野ヶ里町で開催された「吉野ケ里川柳大会」は参加者約138名ながら10代~90代までのすべての年代が参加するという珍しい川柳大会となりました。老人に若者の川柳はわからない(その逆の然り)と言われるが、今大会の各選者の選による上位句を並べると、とても興味深い結果が見えてくる。
さみしい夜の句会

さみしい夜の句会報 第165号&第166号を発行しました

第165回&第166回の参加者65名でした。ありがとうございました。参加された方の1作品以上を掲載しました。掲載のない方、誤字脱字等ありましたらDMにてご指摘下さい。投句はテキストにてお願いします。テキスト以外の投句は週報に反映しませんのでご注意願います。 先日行われた「卑弥呼の里川柳大会」は参加者約140名ながら10代~90代までのすべての年代が参加するという珍しい川柳大会となりました。老人に若者の川柳はわからない(その逆の然り)と言われるが、今大会の各選者の選による上位句を並べると、とても興味深い結果が見えてくる。このような全世代参加型川柳大会が今後も増えることを期待します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク